Etymotic Research mc5を見直す

Untitled

既に販売が終了しているEtymotic Researchのダイナミック型イヤホン。妻が自分のワークスペースを片付けていたら見つかったそう。そういえば渡してた気がする。

なお、妻は耳の形的に普通のイヤホンは使っているうちに抜け落ちてしまうようで、現在は販売が終了しているSTH40Dというイヤホンを使っています。

さて、話を戻して、このmc5ですが、確かヨドバシAkibaで販売終了品としてセールになっていて(4Fのオーディオコーナーのレジの前でやってるヤツですね)、50%割引くらいになっていて3000-4000円で購入した気がします。

Etymotic Researchといえば、シングルBAのER4シリーズが有名ですが、このmc5は7000円程度で販売されていた廉価モデルなのでダイナミック型です。

購入後、付属のイヤーピースで聴いてみた結果、高音がシャリ付く感じがして、「Etymotic Researchでも値段が下がるとこうなるのかー」と思って、妻にあげてしまったんですけど、このとき使ったのと同じイヤーピースをER-4SやER4SRに付けても似たような印象を受けて、「これはイヤーピースの音なのか!」ということに気づきました。

あげたものの、使っていないことはわかっていたので、掃除で見つかって予想通り戻ってきました。

さっそく、イヤーピースをER-4S用の不透明なグレーの三段キノコタイプのイヤーピース(ER38-18)に交換して聴いてみると、全然印象が違います。

高音の気になるシャリつきは軽減され、Etymotic Researchならではの独特の解像感も、上位機種ほどではありませんが、そのエッセンスは感じられます。低音の変な強調もなく、聴きやすい。悪くないじゃないですか。

ER-4SやER4SRはインピーダンスが高めなので、ポータブルな機器では使いにくいのですが、ダイナミック型なので駆動しにくいということもない。これはタブレットやPCなど、駆動力があまりない機器に直結して使うイヤホンとして、使いみちがありそうです。

現代のオーディオ機器のあるべき姿の話

Untitled

今日はちょっと気になったWebのニュースがあったので、それをきっかけに意見を書いていきます(あまり記事本文の中身には触れない、ということですね)。

アラフォーな私ですが、高校くらい(1990年代後半)まではギリギリ「オーディオコンポ」が親に買って欲しいモノ、に入っていた時代でした。

「ミニミニコンポ」と言われ、SONY pixyとKENWOOD ALLORAが2大ブランド。低価格ブランドとしてSONYの子会社だったAIWAもまだありました。「ミニミニ」と言っても、上位モデルはアンプやCDプレーヤーは幅25cm程度の4ユニット構成で派手なグライコ搭載、スピーカーも3ウェイくらいが普通、という結構な大きさ。

それが2000年頃にはさらに小さくなってマイクロコンポになり、CD/MDチューナーアンプ一体型で幅20cm程度。スピーカーも2ウェイの小型スピーカーに。このマイクロコンポの代表がONKYOのFRシリーズ。

そのまま、少しずつ安っぽくなりながら20年経ったのが家庭用のオーディオコンポの今。MDはなくなり、Bluetooth搭載機種が増えつつありますが、20年に渡って基本構成は変わりません。

量販店に行くと、イヤホン・ヘッドホン、Bluetoothスピーカーが売り場の多くを占めていますが、一方で化石のように変わらないコンポやラジカセが売り場の端の方で売られています。

どこもそうなんですが、国内メーカーは製品構成に歪みがあるんですよねぇ。スマートフォンと一緒に使うような小型のワイヤレスイヤホンやBluetoothスピーカーはあっても、その機能やデザイン性を維持したまま大型化できない。

若者を含む広い世代へ向けた機能を備えたオーディオ機器で、Bluetoothスピーカーよりも大きなものを見つけるのは難しい。

Bluetoothスピーカーよりも大きくなると、いきなりCDを中心的な機能とした野暮ったいマイクロコンポやラジカセになってしまう。もう少し買いやすい価格帯、力の抜けたフレンドリーなデザインでありながら、強力なネットワーク機能を備えたオーディオ機器をラインナップさせるようなことはできないものでしょうか。

メーカー全体としてみると、色々な新製品に挑戦しているように見えても、過去のメインストリームだった「オーディオコンポ」は事業全体として変われずに、置いてきぼりになっている。

ONKYOの場合、企業規模や経営上の理由から今回「上場廃止」となりましたが、据置型オーディオの事業が変われていないのはどこも同じ。

ソニーパナソニックが低価格帯のコンポやラジカセの販売を止めたりするのも、そう遠くないのかもしれません。

ソニーだってウォークマンは風前の灯だし、ハイエンドのオーディオも発表時に話題にはなれど、あまりパッとしない印象なので、本当にイヤホン・ヘッドホンとBluetoothスピーカーしか残らないかもしれません。SA-Z1という高級パワードスピーカーが出ましたが、あの価格でネットワーク機能を搭載しておらず、スマートフォンというのは有線で繋ぐしかない、というのはよく考えてみると今どきの製品としてはおかしい。「事業部内にそっち方面の技術力がないのでは?」と疑ってしまいます。

個人的に「AirPlayに対応したオーディオ機器」が欲しいのですが、国内メーカーの選択肢は少なく、AVアンプのようなものしかない印象はあります。本来、デジタルアンプで小型化が可能だし、再生に関する処理をするシステムも今どき大したサイズにはならないはず、と考えるともっとコンパクトで良い音が鳴る、使いやすいシステムが提案できるはずなのに、とは思ってしまいます。

CDなどの物理メディアが死滅しつつある今、据置型のオーディオ機器のほとんどのスイッチは不要なはずです。

Sonos AmpやAmazon Echo Link Ampなどは、電源スイッチは存在せず、アナログ入力を含む複数の入力端子を備えながらも入力切り替えスイッチも持たず、音声を検知して自動で入力が切り替わるようです。

現代のオーディオ機器はすべてこのような作りであるべきです。

コンテンツを選ぶ操作が機器の外に行ってしまっているネットワークオーディオのシステムにおいて、大量のボタンが付いたリモコンでの操作を要求されるような機器は時代遅れと断言してしまっても良いのではないかと思います。Bluetooth対応コンポだって、結局はMD(MiniDisc)を起動するスイッチの代わりに「Bluetooth入力に切り替えるスイッチ」を付けただけですからね。時代遅れにも程があります。

インテリジェントな機能を備えた機器が、幅広い価格帯で、なおかつ音質に対する多様なニーズに対応できるように多くのメーカーから提供されるようになれば、オーディオ機器が再び家庭の中で居場所を見つけることができるのではないか、と個人的には思うのですが、現状ではあまり期待できないかもしれません。

SteelSeries QcK Edge Medium マウスパッド 63822(縁ステッチ加工済タイプ)

Untitled

昔は「マウスパッドなんか使わない派」だったんですが、「マウスパッドを使うとマウスのソールに埃が溜まりにくくなる」ことに気づいてからすっかり「マウスパッド使う派」に転向しています。在宅勤務が増えてから今回で3つめ。

最初はSteelSeriesの小さいタイプのものを購入し、2つ目はロジクールの一回り大きなサイズのものを購入。今回は再びSteelSeriesにしました。

Amazon.co.jp: 【国内正規品】SteelSeries QcK + マウスパッド63003: パソコン・周辺機器

サイズ的にはこれまで使ってきたLogicoolのG240tとほとんど変わりません。試しに重ねてみました。上が今回購入したSteelSeriesのMediumで、G240tよりも少しだけ小さい。ただ、縦横ともに1-2cmの差です。

Untitled

机の上の配置を微調整していく中で、マウスパッドを置く場所が狭くなり、G240tよりも少しだけ小さいマウスパッドが欲しくなった、というのが購入理由。

ちょうど良かったのがSteelSeriesのMediumサイズだったのですが、今回は縁がステッチ加工されているものを選びました。マウスパッドの縁、何も加工されてないとやっぱり毛羽立ってくるんですよねぇ。まあ、こういうのはあんまり気にしないタイプではあるんですが、数百の差で見栄えがよくなるなら有りかな、と考えました。

Untitled

マウスの操作感については、G240tよりも若干抵抗が大きいかなぁ、とは思いましたが、シビアな操作をするわけではないので問題はありません。

最初に買った小さいSteelSeriesの小さいマウスパッドを職場に置いてあるんですが、サイズが小さく狭くて使いにくいと感じることがあるので、今までのG240tは職場に持って行こうと思います。

Neoteck SPDIF/TosLink 光デジタル 切替器 5入力1出力

Untitled

ワークデスクには色々とデバイスが置いてあるので、前から光デジタル切替器(セレクタ)を使っておりまして、必要に応じて切り替えてHP-A4に入力しているのですが、

なんというか、普通はそうそうないのだと思いますが、光デジタル入力が3つじゃ足りなくなったので、5入力のものに買い換えることにしました。見た目としては記事トップの写真の一番上に載っているものが現物です。手前に写っているのが付属のリモコン。

この手の入力切替機って、既に日本の有名メーカー製のものは絶滅しているため、聞いたことのない中華系メーカーか、それを輸入している会社のものになるのですが、Amazonから中華系メーカーのものを何個か買ってみて、調子が悪くなったりして失敗したこともないので、今回も中華系メーカーのものをチョイス。

前のはリモコンの赤外線受光部が外付けだったり、前と後ろにケーブルが出るので見栄えが悪かったのですが、今回は赤外線受光部は本体内蔵で、ケーブルも全部後ろから出るタイプの選んだので少しすっきり。

電源が必要なタイプの切替器なのですが、電源ケーブルは本体側はピンタイプで、電源側はUSB端子になっていたので、机の下のケーブル隠しに入っているUSB ACアダプタから取っています。

切替器のリモコンコードは昔購入したソニー製の学習リモコンに学習させているので、学習させたらもう使いません。

Untitled

なお、この学習リモコンですが、HDMI切替器とか、この光デジタル切替器とか、扇風機とかのリモコンコードを学習させています。一昔前のソニーのリモコンはボタンが押しやすいし、やっぱり良いですね。

Wi-Fi 6対応ルータTP-Link Archer AX73

Untitled

昨日の最後に「勢いで余計な買い物するな」って書いた気もしますが、下記のリストのうち1個目を購入。

Wi-Fi 6対応のルータTP-Link Archer AX73です。

たまたま寄ったヨドバシの店頭限定特価で約12000円の10%ポイント還元。「これは安い」というわけでそのままお持ち帰り(箱が大きくて面倒だったけど)。

下記のBuffaloからの買い替えになります。

Wi-Fi 6対応のルータには「トライバンド」という、2.4GHz帯に加えて5GHz帯を2つ利用可能で、有線の10ギガビットイーサを搭載するようなハイエンドモデルもありますが、予算が3万円以上必要になるのと、どうせインターネットはマンション内がVDSLでLANから出たら上限100Mbpsになるし、設置場所も間取り上ほぼ部屋の中心なので強力な無線アンテナも不要。

いつも通り、1万円台前半の、デュアルバンド(5GHzと2.4GHz帯がそれぞれ1つずつ利用可能なもの)、ギガビットイーサのモデルから選択。

これまでWi-Fiルータを購入しても、ルータはNTTからレンタルしているものをそのまま使ってきたので、あくまで「アクセスポイント」としての利用だったのですが、今回は設定を変えてこのAX73をルータとしても使っています。

現状、フレッツ光ではPPPoE接続よりもIPoE接続の方が通信速度が速いと言われており、これに対応するためにレンタルのルータを交換してもらっていたのですが、有線LANで接続した機器でも、パケットが詰まるような「引っ掛かり(通信速度上は問題なさそうだが、たまに秒単位で待たされる)」を感じることが多くあり、その原因がレンタルのルータであると疑っていました。

IPoE接続は日本独自の方式ですが、TP-Linkは海外のメーカーにも関わらずAX73はこのIPoEに対応しているので、レンタルのルータは「ひかり電話」用ということにして、AX73をルータとしてLANを組むように接続を変更。結果、気になっていた「引っ掛かり」はほぼ解消されている印象です。

Wi-Fi 6対応のルータとしては各社から出ていますが、BuffaloやNECの同価格帯と比較してAX73を選択したのは、安定性の面でネガティブなレビュー・コメントが少ないと感じたことがあります。

AX73のYouTubeやブログのレビュー記事は機材提供されたものが多いので、コメントの信憑性も若干疑わしいところがありますが、Amazonkakaku.comの口コミでは「V6プラスで使うと便利な機能が使えなくなるのは不満だが安定している」という内容の、割とリアリティのあるコメントが見られます。

また、筐体が割と大型でアンテナも外付けになっており、見た目的にも安定した動作が期待できるのも選択の理由の1つです。

NECやBuffaloの同価格帯の製品は、家庭内で電話機の隣などに設置しやすいようにアンテナ内臓で筐体もコンパクトに収められているのですが、特に動作の安定性という面では大きな筐体の方が有利なのは間違いありません。設置場所の制限がある場合にはおすすめしませんが、我が家での設置場所は棚の上なので、大きさは問題になりませんでした。

Untitled

ちなみに、この写真ではインジケータのLEDが全部消灯してますが、設定で消灯できるので消してあります。夜、照明を消したあとに光っていないのは良いですね。

Wi-Fiの無線接続の安定性については、前のBuffaloの時代からあまり不満は感じていなかったのですが、AX73も速度を含め特に問題ありません。無線強度の設定があるのですが、我が家はあまり広いわけではないので「中」に設定してあります。

しかし、購入して入れ替えたあとひたすら家の無線LAN搭載機器(クライアントデバイス)の設定を変更するのが面倒くさかった。

Buffalo製品同士の買い替えだと「無線引っ越し機能」というのがあるので、クライアントデバイスの接続設定の変更は不要になると思うのですが、メーカーを変えるとそうも行きません。

というわけで、まだ使い始めて一週間程度なので長期使用した場合についてはわかりませんが、サイズや設置場所の問題が解決できるなら、悪くないWi-Fiルータだと思います。

買うかもしれないモノが上半期に出ない件について

α7IVとM1チップ強化版搭載MacBook Pro、今年はこの2つが購入候補の大物かなぁ、と思っていたんですが、出ませんねぇ。

Untitled

カメラについては、コロナ禍の中で気をつけつつ写真は撮りに行っているのですが、まあ、写真を実際に撮ってると別に機材をグレードアップする必要はないような気もします。

α7IVが出たとして、レンズはどうしますかねぇ。

APS-Cとしては機材は良い感じに固定されています。

  • α6600+SEL18135(メインの高倍率ズーム)
  • α6300+SIGMA 56mm F1.4 DC DN(大口径担当)

基本はこれ。たまにメインだけになることもありますが、とりあえずはこれで大抵どうにかなる。これに超広角が加わったり、もう一本単焦点が加わったりする。

レンズとしてはNikon Zのラインナップが気になっていて、高倍率のZ24-200良いですよねぇ。ただ、フルサイズでEマウントだと、高倍率ズームの評判はそれほどでもないので、やっぱりメインとなるのは

  • α7IV+SEL24105G

になるんですかねぇ。でもこれだとちょっと高感度に強くなるくらいしか良いことないですよねぇ。これに85mmくらいの単焦点SIGMAかなぁ)を合わせる感じでしょうか。フルサイズだとボケの量的に50mmくらいの大口径単焦点も良いかもしれませんね。

コロナ禍になって、最初の緊急事態宣言が終わってから、写真を撮りに行く回数は実は増えてるんですよねぇ。それで色々と撮ってみると、写真としてクオリティアップを図るには、基本的には機材の重さを3倍くらいにしないと変わらんよなぁ、という気にもなっています(多分自信過剰になってるだけですけど)。

まあ、α7IVが出てから考えますか。

Untitled

一方で16インチMacBook ProのARM版は「M1チップの強化版」を搭載すると言われていますが、期待されたWWDCでは発表されず。

MacBook Proの用途で最も重たい処理はLightroom ClassicでのRAW現像で、快適とは言いませんが今のカメラなら問題ない速度でRAW現像できているので、我慢はできるかなぁ。現状、Lightroom ClassicはARMネイティブじゃないしねぇ。

今のM1チップを搭載したMacBook Air/Proはバッテリ駆動時間などにメリットがあって、「電源ケーブルに縛られない自由な使い方ができる」と言われますが、大きなモニタを複数使う環境に慣れきってしまい、仕事の会議もF2Fで行うことがほとんどなくなってシングルモニタで内職ってこともなくなった。

つまるところ「ノートPCの内蔵モニタで何か作業をする」ってのがもうあり得ないのですよ。

大きなデュアルモニタ環境が作業ができるのに、わざわざ27インチ以下のシングルモニターで作業頑張るとか効率を下げるだけで人生の無駄でしかないでしょ。

それならデスクトップPCでいいじゃないか、って話もありますけどね、やっぱりMacが良いし、MacBook Proが好きなんですよねぇ。。。早く出ないかなぁ。

Untitled

で、どうでも良いことをつらつらと書いてきたわけですが、何が重要かっていうと、「買いたいと思ってるものは決まってるから、勢いで余計な買い物するな」ってことですな。Amazon Prime Dayもあるし、ボーナス商戦もありますからなぁ。

自信がないけど、気をつけよう。

100円均一を活用して少しずつ机の周りの収納の整理を進めています

机の上は「完成」を宣言したわけですが、

その周りの収納は残念ながらぐちゃぐちゃです。

ちょっと前にTwitterで「ケーブルやACアダプタはA4ファイルに小分けに入れると良い」みたいなことを書いてるのを見つけたので、100円均一でファイルを何個か買ってきて、箱にごちゃっと詰め込んでいたケーブルをいくつかのグループに分けて収納しています。

Untitled

例えば、会社のPCを使うときは真ん中あたりの「ACアダプタ」と書かれた箱から適合するACアダプタを取り出したりするわけです。これならすぐに片付けられるので、机の上に余計なものが放置されることをある程度防いでくれます。

あと、同じ100円均一だと小分けにできるケースをいくつか持っていて、小さなものを分けて詰め込んでいます。イヤーピースや使ってないイヤホンをこんな感じで。

Untitled

Untitled

あと、スマホタブレットなどの電源供給用のケーブルは、机の天板の側面にマグネットで貼り付けてあります。

Untitled

最初、これも100円均一で売ってる強力マグネットとケーブルクランプを貼り付けて解決しようとしたんですが、マグネットとケーブルクランプの接合部が横方向の力に耐えられず落ちてしまい、うまく行かず。

結局Amazonでこういうものを買って解決。

「メガネケーブルが2つ、Lightningが2つとか、いらねーだろ」って思うかもしれませんが、常に使うわけではないものの、iPhone 12 Pro Maxを充電しながらiPad mini 5を同時に使ったりすることはあるので、色々なデバイスに対応できる電源環境を必要になったらいつでも使えるようにしておくのは重要。中華系グッズですが、これは良い買い物でした。

まだまだ整理したいところがあるので、引き続き100円均一などで良い整理グッズを探していきたいですね。