Macintosh誕生40周年だそうです。

初代Macintoshが発売されたのは1984年1月24日発売。

Untitled

40周年記念特集の載った紙のMac Fan、買ってみました。古いコンピュータの製品写真見てると楽しいよね。

SNSのアイコンは「MacBookの上にメガネ」なんですけど、Macユーザー歴は15年くらいです。

まあまあ長そうに見えますが、社会人になってからだし、自分で買った最初のMacIntel CPU搭載のMacBookです。Classic Mac OSと呼ばれるタイプのOSを搭載したMacはまともに触ったこともありません。

P1000906

父親が仕事で使っていたこともあり、マイコン・パソコンは小さい頃からありましたが、普通のサラリーマン家庭なのでMacではなく、普通にPC-9801シリーズなどNEC製のものでした。

はじめてMacを見たのは父親に連れられて行った秋葉原LAOXザ・コンピュータ館だったでしょうか。一階の書籍コーナーの壁際に置いてあって、CRTディスプレイ一体型で白ベースのモノクロ画面、見たことのない画面のコンピュータをなんとなく覚えています。多分、Macintosh Classicあたりが置いてあったのだと思います。

Untitled

当時のパソコンは基本的に黒画面に白文字だったので、物珍しく感じました。秋葉原LAOXザ・コンピュータ館というと、神田明神通り側の階段を降りたすぐとのところに喫茶店があって、当時はタバコを吸っていた父親が一服するためによく入りました。

社会人になるまでは、Macはコンピュータ雑誌では見るものの、普通にMS-DOSWindowsを使って過ごしてきましたが、Mac OS X Leopardの白いMacBookを購入してからは、なるべくMacをメインのコンピュータとして使ってきました。Windows PCもたくさん持ってますが、あくまでサブです。

DSCF2350

Mac(というかMacBookシリーズ)の筐体デザインが好きなんです。買い替えても変わり映えはあまりしないですが、飽きが来ず、古臭くならないのが良いところ。Windows PCでは同じような観点でThinkPadが好きです。

今使っているM1チップのMacBook Pro 14インチはメインPCとしては5台目のMacで、最も快適で、最も気に入っているMac。なお、15年で5台+2台(Mac miniMacBook Air)なので、買い替えのペースは普通です。

Untitled

過去使ってきたMacには快適とは言い難いモデルも何台かありました。MacWindowsのどちらが使いやすいかはわかりませんが、発熱によるスロットリングに悩まされながらも半ば意地のようにMacをメインとして使い続けた結果、今ではWindowsよりもMacのUIに「慣れて」います。

慣れている。

ただ、それだけのことです。MacWindowsの使い勝手にそれほど大きな差なんてないと思います。

そんなわけで、こだわりがあるのかないのかわからない感じですが、今後も可能ならばMacをメインとして使っていきたいですね。40周年、おめでとう!

Untitled

自作PCのSATAポートを増やして光学ドライブを内蔵する

自作PC(録画用じゃない方)のケースはFractal Design Define R6で、CPUは低性能で空冷なので、ストレージをたくさん積むために買ったんですけど、SATAポートが足りない。

マザーボードに6ポート、PCIeの増設カードで2ポートで合計8ポートあるんですけど、SATAの2.5インチSSDが1個、3.5インチHDDが7個載っていて、光学ドライブを外して使っています。

そんなに使わないけど光学ドライブを内蔵したいし、HDDを載せるトレイは1個余っているので、2つSATAポートを増設したいと思っていました。

一方で、マザーボードAMDのB450チップセットで、システムのストレージはNVMe SSDですから、PCIeに余裕はありません。そこでPCIe x1で4ポート増設できるカードを買ってみました。

ただ、玄人志向やAREAといったヨドバシカメラで入手可能なメーカー・ブランドのものでは存在しないし、Amazonの中華系メーカーのものは、変なところからドライバを落とさないといけないとかレビューに書いてあったりして躊躇していたのですが、ドライバなしで動きそうな製品を見つけたので買ってみました。

で、買ったんですがカードの写真を撮るのを忘れてそのまま組み込んでしまったんですよ。なので写真はなし。Windows 11で使う範囲ではドライバを別途インストールする必要もなく動作しています。

中身としてはSATAのケーブルも増設する4ポート分のケーブルが付いてくるし、別途買うと地味に高いのSATA電源の分岐ケーブルも必要な端子分のものが付属。至れり尽くせりなセットでなかなかお買い得でした。

新年初回の更新です

Untitled

遅くなりましたが、あけましておめでとうございます。

有休を取って年始の休みと成人の日の3連休を繋いだので、今週から仕事が開始。

年末年始は実家に帰ってる間はほとんど何もせずに過ごしました。年末は実家でのテレビのチャンネル権がなく、テレビは見たいものが見れず。本当は紅白を流しつつ、適度に他のチャンネルに切り替えながら見たかったのだけど。

こっちに戻ってきてから遅めの初詣をして、去年は後厄でお祓いをしてもらったので、厄払いの御札を返納してきました。去年の年始の挨拶は厄年のことを色々書いているんですが、幸いなことに(自分の記憶の範囲では)これといって悪いことも起きず終わりました。

今年はどうしましょうかね。

何も考えてないですが、年が明けてからすぐに地震や航空機事故など色々と起きて、TVやSNSが騒がしいので、何かの保護回路が働いて敢えてボーっとしていたところもあります。とりあえずは目の前のことに集中しつつ、落ち着いてきたら考えましょう。

2023年に買ったものを振り返る

例年通りのフォーマットで行きます。去年分は↓

スマートフォン

PXL_20231012_113737307

去年は妻のiPhone SE3と、家の中でWiFi運用するためのPixel6とPixel7でしたが、2023年は自分のメインのiPhone 15 Pro Maxの買い替えのみ。

価格は高かったが満足度は高い。最新のAndroid端末のカメラと比べると不満の声もあるカメラも、iPhone同士の買い替えが基本の自分にとってはiPhone 12 Pro Maxから充分に進化を感じられる画質で大満足。5倍ズームが結構楽しい。

しかし、ドコモの回線がいまいちだなぁ。都市部の人の多いところの通信品質は20年くらい前にタイムスリップした気分になりますね。そうは言っても、家族割や固定回線を含めてドコモにロックインされていて、コスト的なメリットは小さくないので、妻もirumoにしてしまったんですが。

パソコン関連

Untitled

自作PCのCPUを交換したり、録画用のPCを更新したり、ゲーミングノートPCを買ったり、シンクライアント端末を買ったり、2023年はパソコン関連をたくさん買いましたね。

今思うことは、ゲーミングノートPC(hp Vectus 16)買う必要あったかなぁ、、、ってことなんですが、2022年に買って同じようなことを思ったMac miniは今はモバイルモニターとセットで妻が使っていて、しっかり活用されています。

結果として、「Mac miniが安く買えるうちに買っておいて良かったなぁ」ということになったので、ゲーミングノートPCもこれから活用方法を考えていくことにしましょう。来年中学生になる息子が活用してくれると良いんだけど。

モバイルシンクライアント(HP mt45 Mobile Thin Client)の方は、USB-Cの作りがあんまり良くなかったり、性能的にはIntel N100でも良かったのでは?という気もしますが、Elitebookの筐体は作りがよくてビジネス向けノートPC好きとしては好みです。「おもちゃ」として買ってよかった。

あと、パソコン関連ではSSDが安かったのでストレージをたくさん買いましたね。

なんか10TB以上SSD買ってますが、写真保存用の4TBのSSDは買ってよかったですね。フルサイズに移行してデータ量が増えたけど、まだ1年分の写真が1台のストレージに入ります。

入力デバイス(マウスとキーボード)も買いました。

MX Master 3は自宅のメインマウス、REALFORCEは職場で使っていて、どちらも満足しています。ARCHISSのメカニカルキーボードは、「東プレと併用するメカニカルキーボードは1万円くらいじゃ安っぽくてダメ」ということの勉強代でした。このクラスではキータッチにシルキーさが足りない。

さらに、家庭内のネットワーク環境も一部をマルチギガ(2.5G)化。

インターネットはマンション内がVDSLなので、スピードテストは100Mbpsもいかないのですが、家庭内のMacから自作PCへの写真バックアップや録画PCで録画した番組の移動とかに地味に効果出てます。

カメラ関連

Untitled

2022年はカメラの年だったんですが、2023はほとんど買ってない。エントリーを書いたのもこれくらいですね。

超広角レンズがディスコンになってしまったAPS-C用のSEL1018しかないので、これをなんとかしたいとはずっと思っています。2023年は新しい超広角レンズがいくつか出て選択肢が増えましたが、ボディがα7IV(フルサイズ)とα6600(APS-C)の併用なので、どっちに付ける超広角レンズを買うべきなのかがまず決められないんですよねぇ。

機材は買い増ししませんでしたが、写真を撮ることは飽きることなく続けられたので、問題はありません。

オーディオ関連

Untitled

オーディオは愛するブランドEtymoticのERXを購入。ER-4Sも復活し、ER-4S/ER4SR/ERXの3つのEtymoticイヤホンで室内での音楽再生を楽しんでいます。

フルワイヤレスイヤホンとしては、Pixel7のときにもらったGoogleストアクレジットを使うためにPixel Buds Proを買いましたが、音がそれほど好みではないので、2021年に購入したWF-1000XM4が外出時のメイン。Pixel Buds ProはヘッドホンタイプのWH-1000XM4(これも2021年購入)と気候に合わせてサブで併用しています。最近は寒くなってきたのでヘッドホンの出番が多く、Pixel Buds Proは使用頻度が下がっています。

WF-1000XM5も出ましたが、旧型のWF-1000XM4の無償バッテリ交換からそれほど経っていないので購入せず。今のところ、買い増し・買い替えの欲求はなし。WF-1000XM4で充分です。

タブレット/ゲーム機/その他

これらは2023年は特にトピックになるような購入はなしです。

タブレットは家族用のiPadが古くなってきているので、自分用のminiではなく通常サイズのiPadを買い替えたいのですが、為替レート的には高く感じます。もう少し為替落ち着いてくれないかなぁ。

ゲーム機は、噂のNintendo Switchの後継機は来年発表されるんでしょうか。去年購入した家族用の有機ELNintendo Switchはともかく、自分用の初期型のNintendo Switchはさすがにボロいので、後継機を家族共用として買って、有機EL版が自分のところにやってくるような形になると良いのですが、出るとなると争奪戦ですね。

買ってよかったもの、いまいちだったもの

Untitled

買ってよかったものの一番はiPhone 15 Pro Maxです。買い替え前のiPhone 12 Pro Maxと見た目はあまり代わり映えはしないのですが、不満点が確実に解消されていて良い。あとは小物ですがα用ワイヤレスリモートコマンダーRMT-P1BTは三脚撮影時に便利に使っています。

イマイチだったのはゲーミングノートPC(Vectus 16)かなぁ。自分の普段の用途からすると、パソコンとしての高負荷作業はMacBook Proで満足しちゃってるし、ゲームはゲーム機で済ませちゃいますからね。

振り返ってみると、2023年はパソコン関連ばっかり買ってるんですが、もう少し違うものに配分できたんじゃないか、という気がします。

来年は?

2022年のエントリーの「来年は?」の項目を読み返すと、「(自分用の)iPhoneを買い替えたい」は実現したし、PC系も大体書いてある通りにやりました。PC系はもう良いでしょう。

妻のiPhoneはSEではなくもう少し良いランクのモデルにしてあげたいし、iPadも1台くらいは買いたいですが、これは為替によるAppleレート次第。今のレートではなかなか買いにくい。もっと円高になってくれ。

カメラとオーディオですが、カメラについては今年は結局超広角をほぼ使わないまま楽しく過ごせてしまったこともあり、焦ることなく超広角レンズをどうするか考えていきたいところ。オーディオも、オーディオインターフェースを新しくしたいですが、狙っているのは海外ブランドの製品なので、こちらも為替レート次第になるでしょうか。

そんなわけで、今のところは2024年がどうなるかは全く予想がつきません。実際のところ、地味な1年になるんじゃないでしょうか。

アシダ音響 ST-90-05-H

Untitled

ちょっと前の大崎の回のアド街で紹介されていたアシダ音響。

妻と一緒に見ていたらそのときに紹介されていたヘッドホンに対して、「これいいね」と言っていて、ポタフェスに寄ったら会場限定割引の6000円で売っていたのでその場で購入。

色は黒色と灰色の2種類があるんですが、「業務用っぽい感じが良いね」って意見だったので灰色。

ちょっと低音が盛り上がっている印象はありますが、価格帯を考えるとシャリ付き感がなく、メーカー直販で6600円という値段を考えると素晴らしい音質・コスパ

自分が使うわけではないですが、妻は見た目も含めて気に入ってる感じなので、買ってよかったです。イヤホン・ヘッドホンって、別に自分が使うわけじゃなくても「選ぶ」と「買う」というプロセスを経ると、なんか物欲が満たされることを知りました(それで良いのか?)。

UGREEN Type-C to 3.5mm イヤホン 変換アダプター L字型

Untitled

iPhone 15 Pro Max購入に伴って、USB-Cに有線のイヤホンやヘッドセットを接続するためのアダプタが必要になりました。

これも昨日のモバイルバッテリ同様、ガジェットアクセサリ袋に入れっぱなしにするものなので、断線が置きにくそうな、途中にケーブルのないL字型のものを選んでみました。

用途としては、有線ヘッドセットを繋いでリモート会議に出ること、なんですが、L字型のコネクタ形状のものって、ケーブルなどのごちゃごちゃしたものが入ってる袋の中で探すの結構面倒ですね。会議前に見つからなくて、ガジェットアクセサリ袋を裏返して全部出して探すことになりました。

値段を考えると、音質はとやかく言うものではないですが、インピーダンスの低いイヤホンだと無音時のサーノイズが聞こえるし、逆にインピーダンスの高いイヤホンで使うには出力が弱い感じ。

あと、iPad mini 6に繋ぐと、接続して認識した後に「パチっ」って結構大きな音が鳴ることがあるのも良くない。iPad mini 6が悪いのか、保護回路的な仕組みが入ってないからなのかはわかりませんが、ちょっと失敗した感じです。

ただ、もう有線イヤホンは持ち歩いていなくて、これを使って音楽を恒常的に聴くわけではありません。いざというときに職場や自宅から、その場に置いてある有線ヘッドセットを使ってスマホからリモート会議に出るために買ったものなので、多少の問題は目を瞑ることにしましょう。

Anker PowerCore 10000 PD Redux 25W

Untitled

モバイルバッテリはcheero Power Plus 5の10000mAhのモデル(写真左のもの)を結構長く使っていたんですが、これがiPhone 15 Pro Maxと相性が悪く、USB-C出力で充電できない。このシリーズの20000mAhのモデルも持ってるんですが、こっちもダメ。残念。間にUSB-Cドックを挟むと充電できるんですけど、そんな面倒な運用したくないので、素直に買い替えることに。

普段はガジェットアクセサリ用の袋に入れて鞄に入れっぱなしにしておくものなので、傷が目立たずラフに使える安めのものを、と考えて定番のこのモデルにしました。

今考えると上位機種のこっち↓でも良かったかなぁ、と思います。PowerCoreの方は残容量が4つのLEDで非常で目安にしかならないんですよ。

残容量が数字で表示されるのは便利だし、20gくらい重いけど、サイズはPower Bankの方が小さいくらいなんですよねぇ。USB-Cも2つ付いてるし。。。

買い替えたものの、買い替えてから遠出をしていないので、まだ活用できておらず、使い勝手などはまだ未知数です。iPhone 15 Pro Maxは買ったばかりでまだ電池もへたってないしね。

iPhone 15 Pro Maxに充電ができることは確認したし、定番モデルなので特に問題はないでしょう。しかし、cheero Power Plus 5はサイズ感好きだったんだけどなぁ。。。