Instagramはじめました

Untitled

今さらな感じがありますが、Instagramをはじめてみました。

一日一枚写真をアップロードしていて、4月23日からはじめてもう少しで3ヶ月になります。

そんなに頻繁に写真を撮りに行っているわけではないので、過去に撮影した写真をアップロードすることが多いのですが、スマホ撮って出しではなく、ミラーレスカメラやコンパクトデジカメで撮影したものに対して、PCのLightroom ClassicでRAW現像し一定の処理を加えた写真をアップロードしています。

PCでRAW現像した写真のInstagramへのアップロードにおいて、Flickrが非常に重要な役割を果たしています。

具体的には、PC上でRAW現像したものをFlickrに非公開でアップロードし、スマホ上のFlickrアプリ(PhotoExplorer)を使って写真をセレクト、Flickrからダウンロードしたあと、スマホInstagramアプリを使ってアップロードしています。これは、RAW現像したら基本的にはFlickrに成果物を非公開でアップロードする、というワークフローを作り、2年近く運用してきた結果、RAW現像済みの写真がスマホからいつでもアクセス可能な状態で閲覧・取得可能な状態を作っていたからこそできることでもあります。

基本的にはソニーαのユーザなので、今まではαcafeというソニーがやっている写真共有サイトや、Flickrで写真を公開していました。

ただ、αcafeは日本国内向けのサービスで、アップロードした写真がすぐリスト上を流れていってしまうのでアップロードする時間帯がすごく重要だったり、小さいサムネイルで写真を選択して見てもらうUIなのでサムネイルで目立つ写真を選ばなくてはいけなかったり、サービスのUIに起因する制限を窮屈に感じるところもありました。

一方で、Flickrは写真の共有というよりも「写真ストレージ」としての利用がメイン。まずは非公開でアップロードしておいて、このブログへの添付など必要な場合に公開状態にする、という使い方なので、SNS的な利用パターンとは異なっていました(おそらく新着に表示されず、ほとんど見てもらえてないはず)。

そこでメジャーな写真SNSであるInstagramを今さらはじめてみたわけですが、なかなか楽しい。

いただける「いいね」の数はそれほどでもない(と書くと「いいね」を押していただいた方には申し訳ない)のですが、Lighrtoom上のRAW現像の時点では攻めきれていなかった表現の方向性を、写真を見る環境に近い状態で再度調整できるし、フィルターもよく考えられたものが揃っていて、ハッシュタグによって「知り合い」以外の世界中の方に多少なりともアプローチできるのも良い。

Instagramの基本機能を書いてるだけですが、流行ってるところの本質はこういうところにあるんだろうなぁ、というのを実感しています。

一方で、これまであまり良い印象を持っていなかったハッシュタグがいっぱい付いたTwitter上の写真についても、ハッシュタグを付けないとそもそも知り合い以外に全く見てもらえない、ということを知り、少し印象が変わりました。ただ、「ファインダー越しの私の世界」みたいなハッシュタグは、そこまで写真大好きな感じを出すのがちょっと恥ずかしい感じがしてまだ付けられません。

そんなわけで、Instagramをはじめてみて、何事もやってみないとわからないよなぁ、と思った話でした。

MacBook Pro 2018年モデル発表になりました

突然、MacBook Pro 2018年モデルが発表になりました。

今は15インチのRetina MacBook Proの初代(mid2012)を使っています。これですね。

27インチの4Kモニタを導入してグラフィックス性能的な負荷が厳しくなり、RAW現像するようになってCPUパフォーマンスへの不満が高まりはじめ、新しいmacOS 10.14 Mojaveでは、ついにサポートされる中で最も古いMacBook Proになってしまいました。

もう6年近く使っているわけで、いい加減新しくしたいと思っていたところでのモデルチェンジ。テンションが高まりすぎて連ツイートしてたのですが、ちょっと冷静になりましょう。

モデルチェンジの内容自体はほぼ想定通りのもの。

  • TouchBarなしの廉価モデルは更新なし
  • モデル構成や価格は変更なし
  • 筐体デザインやTouchBarなどは変更なし(現行モデルのキーボードはリコールがかかっているため、その対策などが入った改良版のよう)
  • 13インチはデュアルコアからクアッドコアに、15インチはクアッドコアから6コアに増加
  • 15インチのディスクリートGPU(dGPU)はマイナーチェンジ(後ろにXが付いた)

MacBook Proって、13インチはeDRAM付きのIrisブランドのGPUコアを搭載したUプロセッサでdGPUなし、15インチはeDRAMなしのHプロセッサでdGPU付きが基本。15インチでdGPUなしのモデルがあった時期もありましたが、最近はHプロセッサでIrisブランドのGPUを搭載したCPUコアがないのでdGPU付きが基本です。

そのルールに従うと、やっと出たIris + 4コアのUプロセッサによって13インチがクアッドコアになり、それに従ってHプロセッサを使う15インチがスペックの差を出すために6コアになるのは避けられない展開で、あとはいつ発表されるか、という状態だったと言えるでしょう。

で、タイミングは少し不意は打たれたのですが、内容自体は予定通りだったので、今のところは「15インチの店頭販売モデルの高い方」を買うつもりです。それは、下記のような理由によります。

  • あまりモバイルはしないので15インチが良い
  • ストレージは512GBで今使っているのと一緒が良い(減らすのはツライ)
  • メモリは32GB欲しいところだが、予算上キツイので16GBでも妥協できるはず
  • 店頭販売モデルはCTOモデルと違ってある程度の割引が期待できる

ちなみに、2色あるカラーについてはシルバーを選択の予定です。それほどこだわりはないのですが、MacBookはやっぱりシルバーだろう、と。

そういえば、ほぼ同時にApple Storeでの販売が開始されたBlackmagic Designの外付けGPU(eGPU)ボックスですが、国内流通だと思うとそれほど高くなくて、ちょっと気になりますね。

Blackmagic eGPU - Apple(日本)

ロシアレンズ3本目、Helios 44M-7 58mm f2

ロシアレンズの3本目。Helios 44M-7です。

Untitled

2年ほど前にeBayロシアレンズを1本購入しましたが、今回もこのときと同じようにeBayで購入。レンズ55ドル、送料15ドルでした。

ほぼ使用感のないデッドストックっぽいのが届きました。

Untitled

使用時にはこんな感じでプロテクトフィルターとねじ込み式の金属製フードを付けて使っています。M42マウントなのでAmazonで安いマウントアダプターを買って使っています。

僕の場合APS-Cで使うので1.5倍で35mm換算で約87mm。フルサイズで使えばちょっと長めの標準レンズですが、APS-Cでは中望遠レンズになります。50mm(換算75mm)のレンズは数本持っているのですが、ちょっと感覚が違います。定番の画角である85mm相当に近いほうがやっぱり使いやすいかなぁ、という印象です。

江ノ電

上の写真のように、絞り開放のF2だとちょっと甘め、F2.8よりも絞っていくと必要十分なシャープさ。色についてはあまりオールドレンズっぽくなく、コントラストが高い感じ。

夜の電気街

Helios 44と聞くと、オールドレンズとしては「ぐるぐると回るようなボケ」が有名ですが、購入したのはコーティングなどが改良された後期のモデルなので、実はそれほどぐるぐるしません。APS-Cで使っているのもあるかもしれませんが、「改良」によって「ぐるぐる」が目立たなくなった傾向もあるようです。

北鎌倉 東慶寺にて

上の写真は割とぐるぐるしてると思います。

北鎌倉

そんなわけで、実は「ぐるぐるボケ」に期待して買ったので結構がっかりしてしばらく防湿庫に入れっぱなしになっていたのですが、紫陽花シーズンになって持ち出して使ってみてから、割と気に入っています。

最近の工場夜景撮影装備(SEL18135とSIRUI T-005KX+C-10Sの話)

ここ2-3ヶ月くらい、川崎の工場夜景の撮影によく行きました。

Untitled

行く頻度が増えた理由として大きいのは機材の更新で、下記のような装備で行っております。

  • カメラ:α6300+SEL18135+L型プレート
  • 三脚:SIRUI T-005KX+C-10S

川崎の工場夜景はSEL1670Zで一通り回ったんですけど、望遠側が足りない。かといってSEL70300Gを持ち出すと三脚も含めて装備が一気に重くなって3kg弱になり、カバンへの収まりも良くない。そして、三脚座のないSEL70300Gだと風が吹くとすごくブレやすい。

そこにやってきた小型軽量シャープなSEL18135と、コンパクトなSIRUIのT-005KX+C-10Sの組み合わせ。装備の重量は2kg程度。軽い!

SIRUI T-005KX+C-10S

T-005KX+C-10Sですが、収納時は15インチMacBook Proと比較してもこのコンパクトさ。センターポールが上下に可動しない、という思い切った構造もあり、収納時には「短い」だけなく「細い」のも大きな魅力。最初の使用時の写真を見ると一見頼りなさそうですが、実際に使ってみるとかなりしっかりしていて、SEL18135が軽いこともあり、望遠側の画角でも結構頑張ってくれます。

川崎浮島町

川崎市扇橋からの昭和電工川崎製造所

川崎東扇島東公園

対岸を狙うような場所だと200mm相当でも足りないですが、近くで狙える場所なら最もグッとくるところを切り取ることもできます。

川崎市千鳥町の工場夜景

川崎市浮島町貨物ヤード前

持ち運びや公共交通機関での移動なども考えると、装備は軽量なのが一番だなぁ、と思う今日このごろなのです。

2TBのSSD買いました

貧乏性なのでストレージは安いのしか買わないんですけど、写真のRAW現像は普段MacBook Proでやっていて、写真のデータは3TBの2.5インチHDDに入れていました。

Untitled

LightroomのカタログファイルはシステムのSSDに入れていても、プレビュー画像の作成、RAW現像パラメータの反映などがすごく遅くてイライラしていました。遅い原因はいい加減古くなってきたPCの影響ももちろん大きいとは思うんですが、「2.5インチのHDD」ってのはいかにもなボトルネックです。

ということで、RAW現像する写真用のストレージとして容量の大きなSSDの導入を検討していました。カタログファイルは1年ごとに作っているので、最低1年分の写真は入れたい。まあ、僕の場合カメラがそんなに高画素ではなく、週末に撮るくらいなので512GBくらいあればなんとか足りるかな、1TBは奮発し過ぎかな、くらいに考えてたんですけど、2月末にかけてNTT-X Storeなどで「39800円の2TB SSD」ってのが出ているのを見つけてしまったのです。

そこまで容量がなくても、、、とは思ったのですが容量単価の圧倒的な安さに負けて購入。普段の自分のストレージ購入時のパターンからすればかなり奮発してます。中身はCrucialのMX300に近いもので、性能面での心配はしなくて良さそう。

そこら辺にあったUSB HDDケースに入れて使っていますが、導入効果は結構大きくて、ライブラリの読み込みやプレビューの表示などが期待通りに高速化。マシンパワー不足による絶対的な処理の遅さはどうにもならないですが、操作が引っかかることがかなり減って、作業が捗ります。

SSDなので、家の中での移動もラクで、(自分の中では)高かったけど買ってよかった。

APS-C Eマウントの新便利(?)ズーム、E 18-135mm F3.5-5.6 OSS SEL18135買いました

世の中フルサイズセンサーの「ベーシック機」α7IIIが話題になっておりますが、空気を読まず(?)に1ヶ月ほど前に出たAPS-CのズームレンズSEL18135を購入。

Untitled

買った理由は、SEL1670Zの画質が我慢ならなくなってきたからです。

SEL1670Zは絞り開放で甘くて、絞ろうが端の方が流れて収差もひどい、ってのはよく言われますが、それはもうその通りで、色々撮ってると気になる。フルサイズ買うか、そもそもマウント切り替えるか、って思っていたところで出てきたのがこのレンズ。

ただのコンパクトな便利ズームかと思いきやそうでもないらしく、抑えめの画角・明るさが功を奏したのか、画質面でも評判は良い。

CP+前にα7IIIが出ましたが、同じく良さげなSEL24105Gと組み合わせると40万弱の投資になってしまうので、ちょっとすぐには手が出ないなぁ、というわけでSEL18135買ってみた、というわけ。

作例をいくつか。1枚目を除き、α6300に付けてRAWで撮影したものを無加工でLightroomから出力したものになります。

酔の街角

Untitled

Untitled

Untitled

ボケはF3.5-F5.6のズームなのでこんなもんかー、って感じですけど、開放からシャープだし、周辺部の収差もかなり抑えられてると思います。

手ぶれ補正については、最近のハイエンドレンズ・ボディ程ではないですが、望遠端で3.5段くらいは効く感じで、実感として3段効くか効かないかっていう程度だったSEL1670Zよりは確実に効くと思います。

小さくて高画質なこのレンズですが、実は電子補正前提のレンズで、広角端でレンズ補正をLightroomでオフにするとこんな感じになります。

Untitled

口径食出てますねぇ。で、補正をオンにするとこうなる。

Untitled

結構色々と補正されてるのがわかります。Eマウントはレンズ側に補正情報を持っていて、初代NEX-5の世代を除けば補正が効くので、現行機種でなくても補正はかかるはずで、手元のNEX-6に付けて撮ってみましたが補正は効きました。

あとはズームを望遠側に一番伸ばした状態だとこんな感じ。

Untitled

鏡筒は思ったよりも伸びないですね。質感的には、鏡筒はプラスチックな質感で、リング類もゴムです。SEL1670Zのメタル鏡筒、リングが好きだったので、外観はちょっと気に入らないかも。

レンズ側の切り替えスイッチはAF/MF切り替えのみ。個人的には三脚に載せて使うことも多いので、手ぶれ補正のオン・オフスイッチが欲しかったなぁ。

Untitled

外観は地味で高級感はないですが、画質は評判通り。

使っていると18mm(35mm判27mm相当)の広角側が「もう一息」となることは少なくないのですが、SEL1670Zと比較して、画像のシャープさ、周辺部の画質の点でSEL18135に明確なアドバンテージがあります。SEL1670ZとSEL18135を比較するして、高いSEL1670Zを選択する理由って、画角の差を考慮しても、正直なところないんじゃないかと思います。

Fire TVを買ってHDMI入力が足りないので買ったDotStone 4入力1出力 4K60Hz/HDCP2.2対応HDMI切替器

Fire TVを買うにあたって困ったのが、テレビのHDMI端子が足りないこと。テレビに内蔵されているHDMI端子の数は、上位モデルを買っても4つくらいしかありません。

我が家の場合、ホームシアタースピーカー(JBL BAR STUDIO)がARC対応のHDMI端子1を、それ以外の3つはPS4 Pro、Xbox One S(BD/DVDプレイヤー代用)、Nintendo Switchとゲーム機で埋まっていて、これ以上機器が追加できない状態でした。

そこで、HDMI切替器の導入となったわけです。買ったのはコレ。

購入時に考えていた要件はこんな感じ。

  • 安定して動作する
  • リモコンが付属する
  • 4K60Hz/HDCP2.2対応である
  • HDMI入力は4つ以上欲しい(購入時点で3つ繋ぐ予定があり、1つを予備としたい)
  • HDMI出力1つで良い(出力が2つあるマトリックスタイプやオーディオスプリットの機能は不要)

安定動作、という面では、セレクタはACアダプタからの電源供給で動作するものの方が絶対に安定します。ACアダプタの付属しない純粋なパッシブタイプのセレクタは、HDMIやオーディオ系に関係なく途切れたりしやすいので避けた方が良い、というのが、いくつかセレクタを買ってきた自分なりの結論です。

テレビラックに設置するのでリモコンは必須。この機種の場合、電源オンでの自動切り替えもしてくれますが、Fire TVなどはスタンバイして画面出力が停止するまで結構時間がかかりますから、すぐに切り替えられるリモコンもないと困ります。

あと、セレクタの下に接続する機器には4K HDR対応のFire TVが含まれますので、4K60HzおよびHDCP2.2対応も必要でした。

購入して届いて設置するときに考えたのは、どういう機器をセレクタに繋げるか、でした。

というのも、上位モデルの液晶テレビの場合、倍速駆動やフレーム補間などのリッチな画像処理が行われますが、代わりに映像は結構遅延することがあります。純粋に動画を視聴するときには良いのですが、ゲームを遊ぶときには致命的なのでゲーム用に遅延を減らすモードを持っているものが多いです。これらはHDMIの入力ごとに設定を変えられますが、1つのセレクタの下にゲームを遊ぶための機器と動画を再生させるための機器を混ぜてしまうと、設定がずれて悲劇(遅延が置きてるのに気づかずにゲームをプレイする)が起こります。

今のところ、ゲームを遊ぶために使うPS4とNitendow SwitchはTVに直接接続してゲームモード、動画再生のためにXbox One S(主にBDプレーヤーとして使う)、Fire TV、Apple TV(旧型)をセレクタに繋いで、TVの映像処理を有効化しています。

中華系(?)の知らないメーカーの製品でちょっと不安でしたが、とりあえずは問題なく動作しています。値段も安いのでおすすめです。