27インチ4Kディスプレイ LG 27UD58-B購入の顛末

「40インチ4Kディスプレイ最高!」と散々声高に叫んでいたのですが、結局買ったのは今のDELL U2711の27インチQHD(2560x1440ドット)を置き換える27インチ4Kディスプレイでした。

Untitled

色々と考えてみると、27インチ4Kディスプレイと40インチ4Kディスプレイによって得られるものって別物なのですね。

27インチ4Kディスプレイは通常(といっても結構大きい方ですが)のディスプレイの高解像度化です。高画素密度による美しい表示が可能である代わり、視力と視聴距離との関係で表示できる情報量は同サイズのディスプレイとそれほど変わりません。つまり、27インチ4Kディスプレイの目指すところは、PC用ディスプレイのRetina化なわけです。

一方で、40インチ4Kディスプレイは通常のフルHDディスプレイ4枚を繋げて1枚にしたようなもの。巨大なデスクトップによる圧倒的な情報の一覧性を得られますが、その一方で画素の大きさは一般的なディスプレイと変わらず、4Kという言葉から想像するような画面の美しさはありません。

プログラミングなどでコードを書いたりする場合には圧倒的に40インチ4Kディスプレイなんですけど、家の場合はそうでもないし、写真もキレイに見たいし、今使っているディスプレイとの置き換えもラクなので、結局は27インチ4Kディスプレイにしてしまいました。Amazon Prime Dayでちょうと安かったというのもあります。

とはいえ、買ってみてちょっと困ったのがMacの解像度をどのように設定するか、ということ。

基本的に、MacRetina表示の仕組みは、画面をデスクトップの広さである「疑似解像度」の数倍の密度でレンダリングしたものを、ディスプレイ解像度にスケーリングする、という仕組みのようです。そのため、「疑似解像度」の数倍の解像度の画面をレンダリングするグラフィックス性能がMac本体側に求められます。

スクリーンショット 2017-07-24 23.11.07

実際の表示例ですが、疑似解像度を2560x1440ドットにすると「解像度を変更するとパフォーマンスに影響する場合があります。」という警告のメッセージが出ています。この表示、疑似解像度が1920x1080ドットだったり、3840x2160ドットだったりすると出ません。

つまり、4K解像度で等倍したり、実解像度の半分であるフルHDRetina表示するより、その間の解像度をRetina表示する方がグラフィックスへの負荷が高い、ということになります。

うちで使っているのは今となっては結構古い初代のMacBook Pro 15インチ with Retina(Mid 2012)なのでかなり不安だったのですが、最初はどう設定しても全然ダメ(しばらくすると排熱しきれずしばらく処理が止まってしまうほど)でどうしたものかと思いましたが、裏蓋を外してファン周りをしつこく掃除機で吸引したところ、ファンは激しく回るものの、疑似解像度2560x1440ドットならば、我慢できる速度で動かせることを確認しました。

Untitled

ちなみに、MacBook Proの裏蓋を外すためのドライバーは持ってなかったので新規に購入しました。

疑似解像度2560x1440ドットだと、買い替え前のDELL U2711の実解像度と一緒なので、デスクトップの広さは全く変わっていないのですが、テキストや写真の表示は大変綺麗になりました。なので、まあ、満足かな。

Synergy macos JIS v1.8.8 stable - Synergy Mac JIS(日本語)キーボード対応版

スクリーンショット 2017-06-28 23.48.48

数年に一度、必要に迫られて作っているマウス・キーボード共有ソフト「Synergy」のMac版にJISキーボードの「英数」「かな」キー有効化パッチを当てたバイナリですが、久しぶりに作りました。

あと、前々からなるべく手間なく定期的リリースできるようにして、本家のバージョンアップに追従できるようにしておきたかったので、ちゃんとGitHubのアカウントを作ってForkして、Stable版のリリースのたびにソースコードを持ってきてパッチを当ててリリースするための準備もしてみましたよ。

現在の最新Stable版であるv1.8.8をベースにパッチ当ててSierraでビルドしたものが置いてありますのでどうぞ。ただ、Sierraで以外で動くのか、動かないのかは確認環境がないので試せないのでわからないです。

まあ、必要に応じてCloneして自分でビルドしてください、ということで。

ただ、Sierraでビルドするのは割と面倒だったのでその話を。

基本的には上のリンクをベースにHomebrewをcmakeとqtを突っ込んで、書いてあるとおりにcommands1.pyを書き換えてビルドするのですが、ビルドスクリプトのconfで落ちるので調べてみると、

qtにパスを通せというので通して、下記のようにビルドするとできます。qtはqt5.5を入れてビルドしたので下記のようなパスになっていますが、入れたバージョンに合わせて適宜直してくださいね。

export PATH=/usr/local/Cellar/qt@5.5/5.5.1_1/bin:$PATH
./hm.sh conf -g1 --mac-sdk 10.12 --mac-identity Sierra
./hm.sh conf --mac-sdk 10.12
./hm.sh build

こんな感じで全部通ると、macos用のdmgファイルまでできます。

PCのメインブラウザをFirefoxからVivaldiへ移行した

スクリーンショット 2017-06-23 23.53.08

Macを使い始めたくらいからPCのメインブラウザはFirefoxを使ってきました。その理由としては次の3つが挙げられます。

  • MacWindowsの両方で使えて、設定の互換性が高い
  • 環境の移行が簡単(プロファイルフォルダをコピるだけ)
  • カスタマイズの自由度が高い

ただ、ここ最近は不満が溜まっていて、特に次の2つが我慢できないレベルに達していました。

  • リフレッシュをして、アドオンを減らした状態でも、しばらく使っていると非常に重くなる
  • 5秒以上操作不能で止まるなど、割と実用に耐えないレベルの重さ
  • Retinaディスプレイを含むマルチディスプレイ環境への対応に問題がある
  • ダウンロード方法の選択画面が別ディスプレイに行くと、文字のサイズがおかしくなる
  • YouTubeで全画面再生して、全画面をやめるとウインドウサイズがおかしくなる

代替のブラウザとして、Google Chromeを考えたことがあったのですが、カスタマイズしてみてもどうもしっくりこない。そんな中で知ったのがVivaldi Browser。

このVivaldi Browserですが、Opera SoftwearのCEOだった人が設立したVivaldi Technologiesによって開発されている、Google Chromeと同じBlinkベースのWebブラウザ。基本的なアドオンはGoogle Chromeのものが流用できるほか、

  • 標準でタブの挙動やキーバインドのカスタマイズが行える
  • ブラウザジェスチャがOperaベースである

といったところが、Google Chromeに対する自分の不満を見事に解消してくれて、Tab Mix PluxやFire Gesturesやキーコンフィグのアドオンを使って行っていたカスタマイズのほとんどをカバーしてくれています。若干、Firefoxを使っていたときと異なる挙動がありますが、それは我慢できるレベル。

環境の移行について、他のブラウザからのブックマークや履歴のインポートは問題なく行えます。また、一度作ったカスタマイズやブックマークの他PCへの移動はそれほど難しくありません。パスワードについてはPCごとに暗号化されるため、簡単にはできません。検索すると手順が出てくるのですが、手元の環境ではうまく行かず、諦めました。

自分のFirefoxからVivaldiへの移行がうまくいったことが、これを読んでる全てのFirefoxユーザに適用できるかどうかはわかりませんが、不満のあるFirefoxユーザの方は、一度移行を検討してみてはいかがでしょうか。

ロジクール MX Master 2Sマウス購入

Untitled
ロジクールのハイエンドマウスといえば、MX Revolution、M950と購入しましたが、どちらも経年劣化でチャタリングが発生して壊れてしまい、しばらくマウスを使わずMacBook Proトラックパッドをメインに生活していたのですが、Lightroomなどでの操作がつらいときがあり、Amazonのセールで安かったM720 Triathlonを購入したのが4月。

当初は満足していました。

机の上にはMacBook Proの他にWindowsのデスクトップPCがあって、普段はSynergyで接続しているので1台のマウスで操作できるのですが、片方をシャットダウンしたときなどのために、マウスは2台用意していました。でも、普段は使わないマウスが机の上にあると邪魔なんですよね。

なので、M720 Triathlonのマルチデバイス対応は便利に使っていました。

ただ、やっぱりミドルエンドのマウスなので分解能が低いのですね。複数のディスプレイを繋いで使っている場合、移動距離と繊細な操作を両立できる必要がありますが、分解能が低いマウスだと繊細な操作を犠牲にして移動距離を重視せざるを得ません。最初は我慢できても、次第に分解能の高いマウスが欲しくなる。

そこで出てくるのが、同じくロジクールのマルチデバイス対応のハイエンドマウスであるMX Master(旧型)。

なんですが、ヨドバシの展示機のスイッチを押した感じがどうも気に入らない。発売からしばらく経ってヘタっているだけなのかもしれませんが、ストロークが浅い。元々そういうスイッチならば単純に好みじゃないし、ヘタっているだけならば耐久性が気になる。

M720 Triathlonが高耐久を謳うスイッチを採用し、ストロークの深い気持ち良いフィーリングを実現していることを考えると、倍以上のお金を出すのはちょっと躊躇してしまいます。

そんな中、発表されたのがMX Masterの後継機種となるMX Master 2S。

ヨドバシには先行してこの2Sが展示開始になっていたのですが、触ってみるとどうもスイッチの押した感じが違う。かなりM720 Triathlonに近い感じで好印象。マウスは消耗品なので最近はハイエンドマウスを買うのを避けていたのですが、我慢できず買ってしまいました。
Untitled
デザインは旧型から変わらず。塗装がマットなものとなり、センサーの分解能が向上(1600dpiから4000dpi)、ロゴが「logicool」から「logi」に変更になり、ほぼSynergyと同等の機能を持ってると思われる、複数PCでのマウス自動切り替え機能のFLOWが使用可能になっています(ちなみにM720 TriathlonでもFLOWは使えます)。FLOWについては、まだ試していないので、時間を作ってSynergyと比較してみようと思います。

使い始めたばかりですが、マウスの形状が、サイドのボタンのラインとの境目がM950などと比較して鋭角で、持ち方によっては違和感があることを除けば期待通り。スイッチを押した感触、分解能の高さが実現する複数ディスプレイをまたがるカーソル移動のしやすさと細かい操作を両立しています。
Untitled
画面の狭いPCを使っている場合、M720 Triathlonでも良いと思うのですが、マルチディスプレイならばやっぱりハイエンドマウスですね。あと、旧型のMX Masterの値段が下がっていますが、上記の理由から、個人的には高くても新型の2Sをオススメしたいです。

意識低めで写真を撮ることについて考えよう〜その2〜

記録写真から抜け出して「作品」となるような写真を撮りましょう。
東京湾フェリーから
記録写真は「抜け出す」ものであり、価値の低いもの。

それは「他人に見せる写真を撮る」という意味では真だと思うのですけど、自分の写真の撮り方からすると、少し受け入れ難い感じのする価値観です。

僕にマッチするのは、おそらく↓こんな感じでしょうか。

「作品」と言えるような写真を撮れるようになりましょう、でも、記録の写真もたくさん撮り続けていきましょう。

趣味で写真を継続的に、長いスパンで撮っていくときに目指すところとして、多くの人にとってこれくらいがちょうどいいのだと個人的には信じているのですが、こう言ってもらえることってあまりないように感じています。
江戸川の夕陽
「写真が趣味だ」と宣言した上で、「他人が見ても意味不明だけど、撮った本人が見返せば何らかの記憶を呼び覚ます写真」を、何も気にせずに撮りたい。すごく自然な感覚だと思うんだけど、この行為を積極的に肯定してもらえる機会がない。

記録写真も悪くはないけどね、、、と悪気なく言ってるのは見ますが、それは「積極的に肯定」とは明確に違っています。

一眼レフ、ミラーレスなどの「レンズ交換式カメラ」を買っても、最終的に使われなくなっていくのって、このあたりの「記録」と「作品」の対立軸が、写真教育の過程の中でよく使われるから、っていうのは、割とあるのではないかなぁ、と思います。
TS020
世の中には「記録するものって別にないよね?」って人もたくさんいると思うんですけど、そういう人ばっかりが写真を教えているんじゃないかなぁ、というのは、ちょっと穿った見方でしょうか。

意識低めで写真を撮ることについて考えよう〜その1〜

写真を撮ること自体は上手くなりたいけど、自分を表現したい、何らかの承認欲求を満たしたい、みたいな思いはそれほどありません。
20170611-220747-3
SNSで撮った写真を公開することはありますが、それは「上手な写真とはなんだろう?」ということを考えるために役立ちそう、というのがきっかけ。

面と向かって「ここがダメ」と言われるのは基本的に大嫌いな人(これは子供の頃、習い事の類を全くしなかった影響なんですかね?)ですが、一度自分のローカルのPCを離れて他の人が撮った写真と並ぶことで気づくことは多いですし、投稿した写真への無言のフィードバックは「やんわり」とした(厳しい?)評価をくれます。

また、カメラやレンズの技術の進歩をウォッチするのは好きですが、買う買わないとは少し違う観点の興味なので、最新技術の詰まったカメラ・レンズを常に使いたい、という思いも、それほど強くありません。

最近進化しているのは高いのばっかりなので、財力的に付いていけない、というのは現実としてはありますし、良い機材を使わせていただくと、「良いなぁ」と思うのですが、新製品をウォッチすること自体は「このカメラ・レンズで撮ったらどんな写真が撮れるんだろう」というのとはちょっと違う、別の知的好奇心を満たしてくれています。
Untitled
社会人になった頃に買ったデジタル一眼レフをすっかり使わなくなり、ミラーレスを使うようになってから4年弱経ちますが、去年まではほとんどNEX-6とSEL1670Zの組み合わせで写真を撮っていました。

去年買い増しした超広角のSEL1018は結構使っていて、サブのボディと一緒によく持ち歩いています。一方で、同じく去年購入した望遠のSEL70300Gは大きさからか、持ち出す頻度はそれほど高くないです。APS-Cで使っている分には写りは良いのですが、もっと小さい望遠をカバーするレンズも持っておきたいなぁ、というのはずっと思っていたります。

SEL1670ZもSEL1018も、昨今の高画質・大型化志向からすると、かなり妥協したところのあるレンズですが、それでも、自分の行きたいところに行って、構図を考えながら撮っていると楽しい。自分の写真欲は、これでほぼ満たされていると言えます。

とはいえ、こういった考えを持っていると、(勝手に)肩身の狭い思いをすることになります。

「記録写真と作品の違い」

「周辺部の描写」

「ボケの綺麗さ、レンズの味」

写真好き、カメラ好きが日々熱く語り合うテーマです。

言われれば気になるけど、突き詰めて考えてみると、どれも自分にとって本当に気にすべきことではないことに気づきます。
Untitled
では、今手元のPCに入っている、15年に渡って10万枚以上、ありふれた普通のデジタルのカメラで撮影された写真は何のためにあるのでしょうか(続く)。

Nintendo Switch買ってたよ。

Nintendo Switchですが、実は発売日に買っていました。
Untitled
ソフトはゼルダ1-2-Switchの2本を購入。子供が何本か体験版をやった結果、「いっしょにチョキッと スニッパーズ」もダウンロード購入。

個人的には1-2-Switchのノリは好きではないですが、ゼルダはなんとかメインのガノン討伐をクリア。オープンワールド系のゲームは、PS3までしか持ってなかったこともあり、これまで未体験だったんですが、非常に面白かった。ただ、達成率は低いので、もう少しやってみようと思います。

3月中にあったスプラトゥーン2の「試射会」は、1回(1時間)だけ参加。子供と「死んだら交代」でやってました。

来週はマリオカート8が出て、GW中実家に帰るときも持って行くつもりなので、Joy-Conをもう1セットと充電ホルダーを購入。最大で4人まで遊べます。
Untitled
今後発売されるゲームでは、子供がiPhoneでよく遊んでいるMinecraftと、スプラトゥーン2はおそらく買うと思いますが、ARMSはちょっと悩み中(Joy-Conが2セットあるので、ARMSレディな状況ではあるのですが)。

据え置き型と携帯型の「2in1」とも言えるNintendo Switchですが、僕は結構活用しています。通勤時にゼルダをやり、家に帰ってきたらドックに置いてそのまま続きをやる、みたいな遊び方を普通にしていますし、家でもPCが置いてある机の前で携帯モードでそのままプレイしたりすることもあり、遊び方の自由度の高さが家庭によっては稼働率を高める効果は大いにある思います。

グラフィック性能的には「中途半端」という印象も持たれているSwitchですけど、据置型の「家庭用ゲーム機」は、実質的に死んでると言って良いと思うんですよね。カジュアル層はスマートフォンに持って行かれていますし、PS4は「家庭用ゲーム機」というよりも「PCゲームが遊べるコストパフォーマンスの高いハード」と言った方が良いでしょう。

家庭におけるテレビの台数は、世代が変わるに連れて着実に減少傾向にあり、子供部屋や寝室にテレビを置く家庭は減ってきています。そんな中でスマートフォン以外のハードウェアでゲームを遊んでもらうために、Switchの構成は考えられているのかもしれません。

スプラトゥーン2が出たら買う、という感じでまだ買い控えている人もいそうですが、発売日はもう7月22日に決まってしまいましたし、品薄が続いていて「欲しくなったらすぐ買える」という状況でもないですから、そろそろ確保に走っても良いのではないでしょうか。

ゼルダ面白いですよー。