今年何を買いましょうか。

新年の挨拶の前に、まずは2019年に買ったものを振り返ると書いてから一ヶ月、結局新年の挨拶なんか書いてないわけですが、基本は惑うおっさんなので新年の抱負とか書くのはやめておこうと思います。

大体4万円くらいで欲しい物がいくつかありますが、どれも決め手にかけるので買わず、というのを繰り返してます。

RyzanなThinkPadかThinkThentre

LenovoThinkPadとThinkThentreには価格.com専用モデルってのがあって、Ryzan5、8GBメモリ、256GB SSDという実用になるスペックでも5-6万円で買えて安いんですけど、これがカスタマイズ出来て、SSD容量や無駄なパーツを削っていくと3-4万円くらいになるんですね。

これに7-8000円で16GBのメモリを、1万円くらいで512GB以上のSSDを買って自分で交換するとしましょう。するとあら不思議、元の値段よりも安くなった上にメモリとSSDは倍になりました。

ThinkPadの場合、E495/E595というモニタのサイズに対して重量が重い廉価なシリーズではありますが、電源はちゃんとUSB PDです。家用として買っておくには悪くありません。

液晶モニター

お次は液晶モニター。PC机は27インチ4Kモニタと26インチFullHDテレビという組み合わせなんですけど、メインの27インチ4Kモニタの画面が「狭い」と感じることが増えてきました。完全に感覚は狂ってるんですけど、もっと広いデスクトップの便利さを知ってしまっている以上仕方がない。

ただ、27インチ4KモニタはほぼIPS方式のパネルなんですど、32インチ4Kになると安いものはVAばかり。視野角に妥協してVAにしちゃうか、ちょっと奮発してIPSにするか、なかなか決められません。

コンパクトなAPS-Cカメラ

最後はカメラ。通勤時にカバンに入れておくために、APS-Cサイズのセンサの小さいカメラが欲しい。金に糸目をつけないならば間違いなくRICOH GR3なんですけど、僕の今の感覚だと予算オーバーです。休日になればレンズ交換式カメラをきっと持ち歩いてしまうだろうしね。

そこで「プアマンズGR」的な位置づけで出てくるのが富士フイルムのXF10というカメラ。

GR3と同じAPS-Cサイズのセンサを搭載しながらお値段半分以下の45000円弱。ただ、GR3と違って手ブレ補正はないし、ワイコンその他のアクセアリはほとんど使えず、ソフトウェアの作り込みやAFの動作もいまいちな模様。値段の差の理由は明らかですが、値段の差を考えれば我慢するのもありかと思ったり思わなかったり。

あとは最近使ってない古いAPS-C Eマウントボデイを活用するのもありかと思ったり。APS-CコンデジはGR3もAFはそんなに速くないので、手元にあるNEX-5Rパンケーキレンズを組み合わせても、実用上は実はそれほど大きな差はなかったりするかな、とも思います。

結局のところ

どれもなくても困らない、というところなんですよねぇ。パソコンはいじって遊ぶためだし、モニターはまあ我慢できなくはない、カメラは使うかどうかが若干怪しい。とりあえず、悶々としつつも何も買わず、まずはCP+で魅力的な何かが発表されるのを待つことにしようかと思います。

新年の挨拶の前に、まずは2019年に買ったものを振り返る

去年は9月から更新が止まっていましたが、記録として更新しておきましょう。

2019年のうちに振り返っていなかったので、去年買ったもの(ブログでレビューしていないものを含む)をリストアップしてみます。

カメラ以外

びっくりするほどガジェット的なものは買ってないですね。

iPad mini5は2018年に買ったiPad 6th generationの不満を綺麗に解消してくれて満足。電車の中で持っても重さを感じないこと、性能上遅く感じる瞬間がないところが気に入っています。Echo Show 5はテレビの下に置かれ、子供が話しかけています。あんまり活用できていない気もするけど。

なお、リストには入れませんが、ストレージ系は結構たくさん買いました。SSDを3TBくらい、HDDを16TBくらい。

iPhone 3GS以降、毎年1台は買っていたiPhoneも、去年はついに買わずじまい。今年は妻のiPhone7は買い換えようかと思っていますが、自分のiPhone XS Maxはちょっと悩み中。iPhone XS Max、カメラは超広角がないという不満はあれど、性能的に遅いとか、そういうところは全くなくて快適。このままカメラしか進化しないなら、3年に1回でもそれほど問題ような気がします。

カメラ

カメラ系はこんな感じ。

  • SIGMA 30mm F1.4 DC DN Contemporary
  • 七工匠 7Artisans 60mm F2.8 Macro
  • SONY α6600

大して買ってない気もしますが、重要な変化としてメインカメラがα6300からα6600になりました。

3年待ったのにセンサーは旧機種からほとんど進化せず、プロセッサ周りはα6500と比較してバッファが削られた廉価版になってしまうなど、デバイス面ではがっかり感の強いモデルチェンジではありましたが、結局買いました。使ってみると、家族を撮影するときに進化した瞳AFなどの恩恵を強く受けていて、バッテリの心配をほぼしなくて良いので満足。α6600をメインボディとし、サブでα6300を持ち出すことが多いので、バッテリは2種類(α6600用のZとα6300用のW)を持ち歩いているのですが、これまでも「新しいWバッテリ」をα6300向け、「古いWバッテリ」をNEX-6向け、として分けて使っていたので、それほど負担を感じていません。

レンズは2本。

まず1本目は2018年に買った56mmに続いてのSIGMA DC DN Contemporary三兄弟から30mm F1.4 DC DN。構図さえハマれば着実に成果を出してくれる56mmと比べると若干クセがあるように感じられますが、Lightroomで去年撮った写真を確認していみると35mm換算で45mmと標準に近い画角の30mmの方が家族でのお出かけなど、利用頻度は高かったようです。今回の正月休みも56mmではなく30mmを持ってきました。

もう1本は中華系のレンズメーカー七工匠(7Artisans)のAPS-C専用マクロ。マニュアルフォーカス専用の中華レンズですが、値段は約23000円とお安く、画角は中望遠マクロの35mm換算90-100mmに収まる貴重なレンズです。30mmや50mmのマクロはあるんですが、60mmのマクロってEマウントネイティブでは他にないんですよね。純正とツァイスと選択肢がある50mmで妥協すればいいじゃないか、と言われそうですが、この手の微妙な画角の違い、バカにできませんし、僕自身はマクロってそんなに使わないだろうから安いのでいいだろう、ってのもあります。買った直後に彼岸花を撮りに行って以来全然使ってないですが、写り的には問題なし。

ソニーAPS-C Eマウントってちゃんとレンズ揃えてる人ってあんまりいないと思うんですが、自分の技術レベルで子供のイベント撮影でもAF性能なども含めてちゃんと使えて、コンパクトさが必要な自分の普段の使い方に対応しようと思うと、選択肢としてはベストだと思っています。

個人的には去年買ったこの2本のレンズで、自分の機材としてのラインナップとしては一旦完成かな、という気持ちになっています。リニューアルしてほしいレンズはあるので、なんかレンズが出れば入れ替えはあるかもしれませんが、画角的には超広角から望遠まであるし、単焦点も標準・中望遠・マクロとありますので、とりあえずは必要十分でしょう。このあたり、一旦ブログエントリーとしてまとめても良いかもしれませんね。

今年は?

去年は買うものを結構絞ってみようとしてみたんですが、割と問題がなくて、自分のいろいろなものに対する感度が下がっていることを実感して少し悲しくなりました。Windows PCが欲しくなって何度もLenovoBTOの構成をいじってみましたが、結局買わず。毎年Windows PCが活躍する年賀状作成は前使っていたMacBook ProにBootCampでWindowsを入れて作ってしまったしなぁ。

気になるものをどんどん買って積むのもどうかと思いますし、人生の血肉となるような買い物をするには色々とインプットが足りないのが「買わなくても問題がない」原因かもしれないなあ、という反省をしています。何を買うかを考える前に、まずはこの正月休みの期間にそういうところを考えないといけないですね。

iPhone 2019年モデル

定例の9月のiPhoneおよびApple Watchの発表会が開催。ニューモデルが発表されました。

毎年これだけは雑感を書いているので、今年も書きます。実を言うと発表会はiPhoneのあたりしか見てないので、サービス系はスルーして、ハードウェアを見ていきましょう。

ハードウェアに絞ると、まず発表されたのはiPad 7th generationだったようです。

10.2インチという新たなディスプレイサイズになり、Smart Keyboardコネクタが付きましたが、A10 Fusionなどの基本スペックはほぼ9.7インチの6th generationモデルからキャリーオーバー。税別34,800円からという値段は魅力ですが、6th generationでiPhone XS Maxとの性能差が気になってiPad mini5を追加購入したというところもあるので、個人的には予算を追加してiPad AiriPad mini 5を購入した方が幸せになれると思います。

次はApple Watch Series 5。

ディスプレイは常時表示が可能になったようですが、もう興味はないかなぁ。。。せっかくの私服通勤なので、腕時計は付けずに生活したい気がしています。以上。

最後はiPhone 11シリーズ。

去年のモデルは液晶のiPhone XR有機ELiPhone XSとXS Macというラインナップでしたが、液晶のXRに相当するモデルはiPhone 11とシンプルな名前に、XS/XS Maxに相当するグレードは「Pro」という名前が付いてiPhone 11 Pro/iPhone 11 Pro Maxになりました。

今回発表されたモデルは全体的に円高の為替の影響を受け、米国ドルでの価格が同じでも日本での販売価格が若干下がっているのですが、iPhone 11は米国ドルでも50ドル値下がっており、国内でのApple直販のSIMフリー版の価格は、iPhone XRの税別84,800円からがiPhone 11では税別74,800円からになりました。

カメラはデュアルカメラですが、やや写真好き向けの印象があったiPhone XSの望遠(実質は標準域)ではなく、超広角になり、一般向けへの訴求力は高まった上で、税込みも8万円台前半、というのは結構お買い得感があります。携帯電話の売り方が大きく変わる中、8万円という価格がどう見られるかは微妙なところですが、iPhone 7や8時代の価格に戻ったので、売れるんじゃないでしょうか。

iPhone 11 Pro/Pro Maxについてはこれまでの広角、望遠に加えて超望遠が加わって三眼カメラになりました。発表会では複数のカメラを活用した機能やアプリがデモされ、カメラを重視するならばProを、ということでしょうか。

事前のリーク情報からのレンダリング画像で話題になっていたカメラ周りのデザインですが、実際に出てみるとそれほど悪くないなぁ、という印象。

二眼カメラになった時点で、各社目立つカメラをどのようにデザイン上処理するかは苦労が見て取れて、三眼になった時点でAndroid勢はほぼデザインを放棄して「黒いバー」のようなものを恥ずかしげもなく配置している有様。それと比べれば、だいぶデザイン上の配慮があるように感じられます。若干「違和感」を感じるデザインではありますが、これはMac Proと同じような考え方なのだと思います。

で、自分はどうするかですが、今のところ、今年こそiPhoneを1台も購入しない年になりそうな予感です。

妻は3年前のiPhone 7ですが、去年の年末にバッテリを交換していて、チップ的にはiPod touchiPadの現行機にも使われているA10 Fusionなのでそれほど不満は感じていないよう。一方で僕は去年割と無理してiPhone XからiPhone XS Maxに買い替えたので、今年はスルーしようかと思っています。超広角のカメラは気になりますが、来年には5Gのモデムが搭載になるでしょうから、今回は我慢して良いのではないかと思っています。

Amazon Prime Day何買いましたか?

今年も7月の三連休に開催されたAmazon Prime Day。買ったものは下記の2つ。

元から9980円と安いのですが4000円引きの5980円で販売されていました。悩んだのですが、この値段なら買ってみるしかないよね、という結論になって購入。設置場所は「テレビの下」と決めていて、家族の反応を見ようと思います。

最終日の昼過ぎに購入したので納期は2週間ですが、実際にはもう少し早くなると期待してます。

  • Crucial SSD M.2 1000GB P1シリーズ Type2280 PCIe3.0x4 NVMe

こちらは終了10分前に見つけて悩む間もなく購入。1TBのNVMeのSSDなのに9957円とSATAの激安品に近い価格でした。毎月のタイムセール祭もそうですけど、とりあえず安いフラッシュメモリ製品があると「予備」とか適当な理由つけて買っちゃいますよね。

これは予定になかったので完全にノープラン。せっかくSSDが安く手に入ったので第3世代Ryzenで自作でもするか、という本末転倒な感じのする案が頭をよぎっています。SSDを交換するようなノートPCはないし、外付けのストレージとして使う場合はケースが4000-5000円程度します。

8月に入ってから届くようなので、自作PCのプラン、もしくは使いみちを考えつつ届くのを待つことにします。

iPad mini 5 Wi-Fi 64GBモデルを購入

今年の春のiPadのラインナップは10.5インチiPad AiriPad miniで、どちらがいいか、かなり悩んでいました。これまでiPadは10インチ派だったのですが、散々悩んだ結果買ったのはiPad miniでした。

Untitled

色はシルバー、Wi-Fiの64GBモデルにしました。

去年iPad 6th generation(iPad 6th)を買ったんですけど、いくつか不満があったんですね。

まずは重さ。

iPad 6thは本体・ケース・ガラスフィルムを合わせて660gくらいあります。ペットボトル1本以上です。ちょっと荷物が多いとき、iPadを抜いていくと鞄が軽くなることに気づいてしまいました。この重さは鞄だけでなく、実使用時にも響いていて、電車の中で座って電子書籍を読むためにちょっと目線に近いところまで持ち上げていると結構疲れる。

それがiPad mini 5だと430g程度になります。この200gちょっとの違いが鞄の重さに影響するかはかなり微妙ですが、持ち上げたときの軽さの違いはかなり大きくて、少し持ち上げる感じで持っていても疲れない。

もう1つは性能。

iPad 6thはApple A10という、iPhone 7で使われているのと同じチップが使われています。2世代も前の、しかもiPhone用のチップなので、普段使っているiPhone XS Maxとの動作の軽快さの違いが結構大きい。電子書籍に使う分には悪くないのですが、WebブラウザSafari)の動作が遅くてイライラしていました。

iPad mini 5はスマートフォン用ではありますが、iPhone XS Maxと同じApple A12 Bionicチップですから、ブラウザもかなり快適に動作します。去年の秋にiPad Proがフルモデルチェンジして、iPadの使い方が広がりつつある中で、自分ももう少し使い方を広げたいな、と思い始めていたところなので、画面は小さいですがiPad mini 5の性能を使いこなしていきたいところです。

ケースはiPad 6thのときに買った中国のESRというメーカーのケースが、安く、シンプルで気に入ったので、今回も同じESRのケースにしました。

Untitled

画面の保護フィルムについては、Apple Pencilを使うときにペン先との距離が短い方が良いかな、と思って、今のところ貼ってないのですが、外で使うことになるので、やっぱり貼ろうかな、と思っています。

そんなわけで、iPad mini 5は今のところかなりお気に入り。やっぱり電車移動で使うならminiなんだなぁ。

SIGMA Contemporary 30mm F1.4 DC DNはAPS-C Eマウント最初の単焦点に最適そう

SIGMAAPS-Cミラーレス用のF1.4単焦点シリーズ、16mm/30mm/56mmの3本ありますが、56mmに続いて30mmを購入。

Untitled

30mmは3本の中で一番最初に出た1本で、最も安く(35000円)、普段使いもしやすい標準域の画角のレンズです。

RAW現像およびトリミングなどは実施済の画像ですが、作例を出しつつ語っていきましょう。

Untitled

56mmは確かに良い写りなんですけど、画角的な使い道が結構限定されます。APS-Cで56mmは35mm換算で84mmとポートレートに適した距離になるわけですが、基本的には赤の他人を撮るポートレートと違って、家族、特に自分の子供を撮ろうと思うと、一緒に出かけた場合には通常の距離感よりも少し離れないといけないので使いにくいのです。

Untitled

街を歩いてスナップを撮影する場合も、標準に近い画角の方が撮りやすいですしね。

このあたりは56mmを買ったときには「30mmという画角に魅力を感じなかった」と逆のことを言ってる気もしますが、56mmを使ってみて意識が変わったところということにしておいてください。

画質については、絞り開放から中心部はシャープだと覆います。周辺部の画質について悪く言われることが多いこのレンズですが、絞り開放で端の画質が重要になるシチュエーションというのは必ずしも多くありませんから、問題はないでしょう。

Untitled

ライバルを見てみると、ソニー純正のAPS-C Eマウント専用単焦点レンズはどれも設計がちょっと古く、開放F値がF1.8のものしかありません。35mmと50mmはレンズ内に手ぶれ補正が付いていて暗所撮影対応という意味では良いのですが、ボケの量とピントが合ってる部分のシャープさは、ここ数年の基準から見ると少し物足りなさを感じます。一方、24mmのツァイスレンズはレンズの「個性」や「味」も考慮するとなかなか良さそうですが、8万円程と、ちょっとお高い。

Untitled

最新スマートフォンの写真画質がどんどん進化する中、ただボケが大きいだけでは、低価格帯とはいえレンズ交換式カメラの魅力を伝えるには充分ではない時代になっているような気がします。そう考えると、このレンズはAPS-C Eマウントユーザにとっては貴重な現代的な写りをする低価格な標準画角の単焦点レンズであり、キットのズームレンズの次に買う単焦点としてベストな1本、と言っていいんじゃないかと思います。

まあ、ソニーさんにもそろそろAPS-Cレンズのラインナップを強化して欲しい、というのが正直なところですが。

HP Thunderbolt3ドック 120W G2購入して3ヶ月MacBook Proと一緒に使ってみた

Touch BarのMacBook Proに買い換えてから何個かUSB-Cドングルを買ってみたりしたのですが、どれもいまいちで、Thunderbolt3ドックが欲しくなったのですが、大体4万円以上するんですよねぇ。 ' そんな中、2万円を切る圧倒的な安さを誇るのがコレ。ずーっとセール価格の16800円税別で売ってます。

Untitled

値段に釣られて買ってみて、3ヶ月くらいMacBook Proと一緒に使ってみた感想を書いてみようと思います。結論から言えば、値段の差の理由はあります。

本来はhpのWindows PC向けの純正周辺機器で、下記のような機能があります。

ですが、MacBook Proの場合には映像出力に大幅な制限があって

  • 接続できるモニターの台数は1台まで
  • macos Mojave 10.14.4以降では4K60P出力ができない

接続できるモニターについてはmacosのDisplayPort MSTのバグの影響で1台まで、もしくはミラーリングのみとのこと。そして、購入当初はアクティブタイプのDisplayPort-HDMI変換アダプタで4K60Pが表示されていたんですが、3月末の10.14.4のアップデート後に4K60P出力が出来なくなり、4K30Pまでに。別途AnkerのUSB-C HDMIアダプタを使う生活に戻ってしまいました。

また、USBの接続についても、Thunderbolt3をドック内でUSB3.1に変換しているのではなく、PCとの間もUSB3.1らしく、実質的にはUSB PD給電機能付きのUSB-Cドック、という感じの作りのよう。SSDでベンチを測ってみると確かに直結よりちょっと遅い。使っていてその差に気づくことはないけど、微妙な気持ちになります。

ちなみに、付属するACアダプタはこんな感じ。

Untitled

Untitled

120Wなのでかなりの大型で、海外メーカー製ということもありミッキータイプのコネクタでアース付き、ケーブルも太いです。まあ、仕方ないですね。

がっかりスペックなところはあるんですが、電源、LAN、USBデバイスの接続がケーブル1本で済み、USBデバイスの動作も安定しているのは非常に素晴らしい。ディスプレイ関連は残念な状態で、メインの4K外付けモニタには別途別のUSB-C HDMI変換コネクタを使い、もう一台のQHDモニターにはこのドックから接続しています。

左右に2本ずつ、合計4つのUSB-CポートがあるMacBook Proですが、一時は4つのポートが全部埋まっていた時期もありましたが、それが左側2つだけで済むようになったのは充分な改善。値段もそれなりだったしアリかな、と思っています。

ただ、お金に余裕があるならば、MacBook Proユーザなら基本的にはCalDigitのようなMacBook Pro向けに設計されたThunderbolt3ドックを買った方が幸せに慣れると思います。値段は倍だけど。